100万円の使い道

 

なんと今回、大阪府で行われる芸術祭に出させていただくことになりました!!

「漫画家たまご展」

 

お誘いを受けた時、私は漫画家のたまごになれてるんだ〜って思いました。

 

だって私の漫画ってかなり漫画っぽくない、申し訳なくなるぐらい。

 

伏線とか、緻密に深くとか苦手。もっと言えばネーム(お話の下書きみたいなの)を描くのも苦手

漫画家の人は私の漫画は嫌いそう笑

 

だから今回のお誘いが来た時、驚きもした。

 

だってこのたまご展に誘ってくれた人は、同じ新人漫画家のニシモトさんという方で

とっても心が温かくなる素敵な漫画を描く方なんです。

 

ちばてつや賞の授賞式で出会ってからお知り合いになったんですが、

作品作りということに情熱を持ってて、私の作品は嫌いだろうなと思ってたので!

実際は全然そんなことなくて、よく褒めてくださる。その度恐縮。

 

 

実は私はこのたまご展に行ってみようと思っている

いろんなアーティストさんが来ているみたいだし、芸術を見て回るのは好きだし。

そして少しの間休憩したいな

 

もし行くとなったら久々の旅行になる

そこで私はふと思い出した。

100万円のフランス

 

以前誰か、妹か友人かと話していて

「100万円手に入ったら、休みを取って旅行したい」と言った。

 

旅行は好きです。最近では移動時間が好き

100万円もあったらずっと遠くへ行きたい

 

フランスに行きたいな

モンサンミッシェルとか葡萄畑に行きたい

一人で行くのは話し相手いなくて寂しいし、親友を連れて行きたい。

 

彼女は季節や風景を愛でるタイプじゃないから、連れ回すことになるけど

きっと美味しいお酒飲ませたら楽しんでくれるだろう

お父さんにプレゼントした焼酎を、自分で飲み干してしまった彼女だから笑

 

ああでも彼女はもう直ぐ就職して忙しくなるし、時間がない

 

早急に100万円手に入れなくては!

 

いや、旅行してくださいってお仕事が入ればいいじゃん

 

そんなお仕事があったらください

旅行の漫画なんて、全然思いつかないけど。

100万円のお休み

 

そんなこと言ってるけど

私は結局お仕事のないお休みが怖くて、休みを仕事で埋める。

 

忙しいから行けないと無理に理由を作って、

解放されること、誰にも求められない時間を避ける

 

インスタで作品を描き続け、漫画の賞のために作品を考え続けていたら

求められることに慣れて、その他の時間が怖くなりました。

 

 

作品を作らない(仕事をしてない)、プライベートな私に価値が見出せないんです。

 

だからしばらく旅行に行っていない

ショッピングで半日潰す程度が精一杯

 

 

なので、そうだな……

もし100万円もらえたら自分の頭の中から

責任への重りを少し引き抜いて、減らして欲しい。

(できるかどうかは、知らない)

 

それから自分でお金出すから、近場でいいので

のんびり時間を過ごしたい。

親友とくだらない話をして飲みたい、仕事のこと考えずに

これネタに使えるなあなんて考えずに。

 

 

私の漫画脳はそりゃうまい具合にアンテナ張ってくれるし、

いろんなものを取り入れてくれるけど

そろそろ一回電源落とさないと

熱暴走起こしそうです。

 

 

だからお願い

100万円くださいな。

Advertisement