自信なんて少しも持てない

ありがたいことに、フォロワー様の人数が5.9万人まで増えました!

 

本当に嬉しいです、私の作品を好きになってくださった方々には感謝しかありません

 

今月の頭に芸術祭に出てから

私は人と出会う機会が増えました

 

漫画関係の人に会うことが多くなり、作家さんの方々に

池田さんの漫画や絵が好きです

と言っていただきます。

 

とっても嬉しくて、私は毎回小躍りしてます。心の中で。

 

沢山のコメントや

沢山の愛を皆さんからいただきます

そして自身でも作品を通してお仕事をいただけて、私のやってることがお仕事につながっていることを幸せに思います

 

ですが私は

全く自信なんてないです

偽物の自信

作品あげてるんだから

ある程度の自信はもってるだろ?

と思うでしょう。

 

ですが自信なんてこれっぽっちもないです

 

もし作品をSNSに上げることに自信があるから、だとしたら

それは見栄の偽物の自信です。

 

中身はスカスカで

不安でいっぱいなんです

 

どの作品も私が好きで描いています

どの作品も私の経験や感情をもとに描きます

 

 

すると私が面白いから描いてることが、

私以外の人にとって面白いのか?

 

それはどんな絵でも短い漫画を描いていても思うのです

 

だからいつも私は

自信満々って装いをして

そんな見栄を張って作品を投稿します

 

他人の評価が

見栄の高い自信と、実際の私の低い自信との間の空間を埋めていくのです

そうやって少し安心します

いつか自分を好きになる

読者やファンがいなければ

私はきっと迷いながら書くことになると思います

 

もともと、ファンゼロだったわけで、昔は単純に楽しいから描いてました。

今では私は描く理由が楽しいから、ではなくて

 

楽しい+自信を持つための活動

になってるところもあります

 

私は私が未だに嫌い

私は今だに自身の行動が不安

私は自信がない

 

それを他人の評価で埋めるのは間違ってるのかもしれない

 

私なら同じような悩みを抱えてる人に、他人の考えなんかで左右されちゃダメだよ!なんて言うかも

自分で自分の評価は決めていかないと!

 

でも私にとっては、他人の評価が

私の自信を支えているのです

作家やクリエイターとして活動する私には、それが自身の源なのです

 

自信を持つことが

他人の賞賛だったりする人もいます

あなたが、あなたらしく

それに誇りを持って自信を持てなんて、

強い人もいるけど

弱い人だっているのです。

 

私はまだまだ自信がありません

 

いつか本当に自信満々に作品が出せたらいいなと、今日も作品を書きます。

皆さんのいいねを待ちます

そして私は安心するのでしょうね

 

 

でも見栄っ張りの自信でも結果が出せれば、いいんです。それで自信が後からついてくる。

こんな自信の持ち方でもいいと私は思います。

Advertisement